遠近法を利用しましょう!

 家具は、「手前ほど高く、奥へ行くほど低く」を
 
 意識して配置しましょう。
 
 遠近法を利用して、奥行きを広く感じるレイアウトにすれば
 
 部屋が広く感じられます。

 高さのある家具は、入口側の壁際に置くのがベスト。

 ドアを開けたときに視界に入らず、圧迫感を感じません。

 入口側に余裕がない場合は、左右どちらかの壁際にまとめて配置しましょう。

 大きな家具を一方の壁にまとめることで、中央のスペースが空いて広々とした印象を与えます。