家具を床面積の3分の1以下におさえ、

床が多く見えるように

配置すると部屋が広く感じます。

物があふれ、床や壁が見えないと部屋が窮屈に見えてしまいます。

壁や床をすっきりさせることにより視線がさえぎらずに実際よりも

部屋が広く見えるようになります。

ダイニングにはガラステーブルや

リビングチェアは脚があるデザインものを

選ぶと「空き」を作ることができます。

自分の目線よりも高い家具に囲まれるのも圧迫感を感じて

しまいますので、家具の高さを抑えるのも良いでしょう。