出来るだけ日光を取り入れ、明るく見せることが部屋を

広く見せるポイントです。

日光を取り込めない時は照明器具を上手に使いましょう。

シーリングライトのみの場合は部屋の中心が明るくなるので

部屋のコーナーは陰になりやすい場所です。

そういった暗くなってしまうコーナーにフロアスタンドや壁面を照らす

ダウンライト等を設置し明るく照らすこともポイントです。

光を空間の面(天井・壁)に当てることで奥行き感が出て

部屋を広く見せることが出来ます。

部屋の明るさはもちろん、照明により雰囲気や温もりなど

色々な効果を演出してくれますので、照明器具の選び方などにも

こだわってみるのも良いでしょう。