断…入ってくる不要なモノを断つ 
捨…不要なモノを捨てる 
離…モノへの執着から離れる

「必要無いモノを断ち、捨てて、執着することから離れる」という意味を
あらわす、やましたひでこさんが考案した言葉です。

◎まずは対象の場所のモノをすべて出す
   何をどれだけ持っていて収納スペースがどのくらいかを把握する。

◎「使っている」もの以外は残さない
   「いる・いらない」でなくて「使っている」かどうか。
   特にこの1年で使ったモノを残すようにすると不要なモノが
   見えてきます。

◎迷った時はすぐに捨てなくてもいい一度保留にする   
   捨ててしまうのに不安だと迷うものを「保留BOX」に入れましょう。
   「30日間」などの期限を決めて再度確認をするとよいでしょう。

◎捨てなければよかったと後悔しやすいモノ
   写真やビデオなど思い出が詰まったモノや自分が好きでずっと
   集めてきてるコレクションなど。
   

  「もったいない」という固定観念をなくし、本当に必要なモノだけしか
  持たないシンプルな暮らしを目指すと良いでしょう。