これからの寝苦しい暑い夏こそ質の良い睡眠が大切です。

快適な睡眠により心身の疲労を快復します。

部屋の温度や湿度、光、音、香りなど工夫するとようでしょう。

《快眠のポイント》

◎部屋が暑すぎると体温が下がらずに、
 寝付けない為 エアコンを28℃前後に設定し、
 扇風機を併用すると良いでしょう

◎眠りに入りやすいように部屋を暗めにする

◎寝る2~3時間前に食事を終わらせる
  (腸が動いていると熟睡できない為)

◎パジャマを着て寝る
  (夏仕様のパジャマは吸湿・吸汗に適してる為)

◎寝る前にパソコンやスマホを見ない
  (ブルーライトが脳を興奮状態にさせる為)

暑い時期の寝不足は夏バテや熱中症の原因にもなりますので快適な睡眠を心がけましょう