畳は…
  畳縁(たたみべり)
  畳表(たたみおもて)
  畳床(たたみどこ)
 の3つから構成されています。

消耗品である畳は年月が経つと、畳表が色あせてきたり、

徐々に傷んできますので、定期的な張替えが必要です。

畳張替えの際、よく聞く言葉が

「裏返し」 「表替え」 「新調」 です。

「裏返し」
   新しい畳を使用してから2~3年後、色あせや傷みを感じてきたら
   裏返しのタイミング。 畳表は両面使用できるため、ひっくり返すことで新品のように
   なります。

「表替え」
新しい畳を使用してから4~5年後が表替えのタイミング。
畳床はそのまま再利用し、畳表、畳縁を新しいものに交換します。
見た目は新しくイグサの香りがお部屋に広がりますが、
畳床は交換しないため踏み心地は変わりません。

「新調」
   新しい畳を使用してから約10年後が新調のタイミング。 畳表、畳床、畳縁をすべて交換するため、
   見た目も新しくイグサの香りが広がり、クッション性のある踏み心地になります。