畳掃除の基本は「畳の目に沿うこと」

<掃除の仕方>
畳の目に沿って、ほうきや掃除機で

大きなホコリを取ります。

その後、固く絞った雑巾で畳の目に沿って水拭きし、最後に乾拭きをして、

しっかりと水分を取り、乾燥させます。

※乾いた雑巾で濡れた雑巾を挟み、手でたたいて水分を取るのも有効です。

掃除機のかけ方は、畳の目にそってゆっくりと。

1畳に40秒~60秒かければ、アレルゲンの減少・増殖防止になります。

天気の良い日には、窓を開けて風を通しましょう。

直射日光は畳表の変色をまねき、傷みを早めますから

出来るだけ避けてください。

また、畳の上に絨毯や上敷きなどを敷くと、

畳の呼吸の妨げになり、

カビ・ダニなどが発生する原因となります。