畳の跡やへこみは、
     軽いものであれば自分でも対処が可能です☆

用意するのは、濡れタオル・アイロン・ドライヤーの3つです。

以下の流れで畳のへこみを修復します。

1.畳のへこんだ部分に絞った濡れタオルを置く。

2.濡れタオルの上からアイロンをあてる。
   ※高温になりすぎないよう注意する

3.へこみが消えたら、畳をドライヤーで乾燥させて、部屋をよく換気する。

仕組みとしては、

畳の素材である「い草」が吸収した水分がアイロンの熱により

膨張して、へこみの部分が改善されるといったものです。

アイロンを高温設定のまま

長時間当て続けると、

畳が焦げて色が変わってしまう

おそれがあります。

上記の応急処置を試す際には、十分に気を付けて作業を

行ないましょう。

なお、ナイロン素材の畳にこの方法は行うと、熱で表面が溶け出してしまう恐れがあるので、

絶対に行わないようにしてください。