高温多湿の日本、そしてこれからは梅雨の季節です。
最近の建物は気密性が高く、家自身が呼吸することが難しくなっています。
洗濯物の部屋干しをする機会も増えて、ますますカビのはびこる室内環境になっています。
カビを放っておくと健康にもよくありません。

日常のカビ対策は

 ・ふとんをできるだけ日に当てる
 ・常に換気をする
 ・カビの発生しやすい場所は、消毒用
 ・エタノールや薄めた酢で拭く
そしてできるだけ家の中の“水分”を除く工夫をしましょう。

カビがひどくなったからと、壁紙だけを貼り替えても解決したことにはなりません。

室内が呼吸できる環境をつくる無垢の木や珪藻土などで内装を変えたり、
調湿塗料を塗るなどのリフォームで根本的な対策をするのも、
そのあとのストレスがなくなり、爽やかな住まいになるでしょう。