京の茶

 

私たちが毎日飲んでいるお茶は、インドや中国が原産地で、日本には平安初期の遣唐使により伝わりました。鎌倉時代、栄西という僧が宋から持ち帰った茶の木を京都高山寺の僧に贈り茶園を作りました。

「茶の湯」は安土桃山時代以降織田信長始め権力者たちに興味をもたれ、千利休などが茶頭として活躍します。栄西は「喫茶養生記」に「茶は末代養生の仙薬である。人の寿命を伸ばす妙薬である」と記しています。

京都では「お茶の京都博」を今年一年行い、宇治茶の世界遺産登録を目指しています。

京都は主に玉露、抹茶中心です。ペットボトルが増え急須でお茶を入れて飲む人が少なくなっている様ですが、スイーツも色々なものが作られたり外国でも抹茶の人気が高まっているようです。

裏千家前家元の千玄室さんは、「お茶は酒の席での様な喧嘩にはならず心が解きほぐされる。一服どうですか? お先にどうぞと言った言葉が人とひとの繋がりを和やかにするおもてなしです」と話しています。

皆様も年末の忙しさの合間に抹茶など一服いかがですか?