【京ことば】

今も京都の日常に使われている京ことばをご紹介します。

■じぶんどき(じぶどき)・・・食事時

■ごもく・・・ゴミ

■きずい・・・わがまま

■ほいない・・・はかない、物足りない

■はしり・・・台所の流し台

■いらち・・・落ち着きがない

■むしやしない・・・軽食、おやつ

■もっさい・・・野暮ったい

■おまんやさん・・・饅頭屋さん

■いちびる ・・・調子にのる

■しゅんでる・・・(味が)しみてる

■おきばりやす・・・頑張ってください

■おやかまっさんどした・・・おじゃましました

 

最後に、これは京ことばというわけではないのですが

京都の人は秋の終わりから冬にかけて空模様があやしくなると

「時雨てきそうですね」と言います。

時雨とは盆地特有の一時的に降る雨のことです。

冬の季語でもあるのですがとても美しいことばだと思います。