人に物やお金を差し上げる時、私たちは布や紙に包んでさしあげます。風呂敷が最近見直されてきています。

フレキシブルにいろいろな物を包むことができ、何度でも使える便利なものです。

「折形」といって、物を一枚の和紙で包むという方法があります。物を完全に包み込まないのが原則だそうです。ちょっとした心付けでも懐紙などをバックに入れておき包んで渡せばスマートです。

こんな、相手を思いやる文化は日本独特のものかもしれません。

 参考文献 「折形レッスン」文化出版局

mainL