日本古来の色の名前、それらは四季の草花や自然などから名付けられたものが多い。

 茜色(あかねいろ)

朝焼けのすこし黄味がかった赤い色。

 萌黄色又は萌葱色(もえぎいろ)

萌え出ずる若葉の黄緑色。萌黄がやや

濃くなると萌葱色になる。

 苅安色(かりやすいろ)

すすきに似たイネ科の植物からとれる黄色。

 蘇芳色(すおういろ)

蘇芳というマメ科の樹木の芯で染め出した黒味を帯びた赤色。

これ以外にも数えきれないほどの色に繊細

な名前がつけられています。

それぞれの名前の響きも美しいですね。

kiku05_3