まだ寒さは続きそうですが、春になるといろいろな草花が芽吹いてきます。ヨモギ・タンポポ・ナズナ・ドクダミなどの野草は体を丈夫にし、血液を浄化してくれる力を持っています。煎じたり、汁をしぼったりして使うことは昔から人々が行ってきたことです。

先日、重い荷物を持ったとたん腰のスジを痛めてしまいました。ギックリ腰とまではいかなかったのですが、痛みはかなりありました。そこでビワの葉を痛む部分にあて、一昼夜温湿布したところ痛みがすっかり取れました。

不思議なことですが、すぐに薬にたよるのではなく、自然の力を借りることも大事だなと思ったしだいです。

今月の和菓子『福梅』