春と秋、年2回あるお彼岸には、皆お墓まいりに行きますね。

「彼岸」は仏教用語で、そこには阿弥陀仏が住んでいて、祖先の霊が行く場所といわれています。

そしてそれは西の彼方にあるそうです。

太陽が真西に沈む春分の日・秋分の日に彼岸にいる先祖の霊を供養する習慣になったのです。

お彼岸にはもち米をあんで包んだ和菓子をいただきますが、これを春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」と

呼びます。春の花「牡丹」秋の花「萩」にちなんで付けられたとか(別のいわれもある様ですが)

季節の花に合わせて呼び方を変える日本人ていいですね。

今月の和菓子「ぼた餅」