暮らしが便利になるにつれ、私たちの感謝する心が

少しずつ失われていると感じませんか。

 

蛇口をひねれば水もお湯もすぐに出る、寒さ暑さも

エアコンが調節してくれる、でもそれらが故障したり、

災害などで使えなくなった時、今まで当たり前に思っていたことが本当はとてもありがたい事だと気が付く。

 

昔の不便な頃を思い出しても仕方ないかもしれないけれど、洗濯を手でしたり、家の掃除も毎日雑巾がけをしていたし、なんでも体を使っていましたね。

いまでは意識して歩かなければ健康が保てません。

すこし風邪気味だと言って薬を飲み、休養が必要だといわれる。

人本来の免疫力もだんだんと失われてきています。

 

自分の体の声を聞き、普段からまわりの人や事に

感謝しながら生きたいものです。